2019.06.15

音楽

【最新ランキング】自分の結婚式で流したいウェディングソングは?【2019年おすすめ】

みなさんこんにちは!王様のランキングです!

6月と言えば、「ジューンブライド」!6月に結婚式を挙げると幸せになれるというジンクスです。

本日はそんなジンクスにあやかって自分の結婚式で流したいウェディングソングはなにか、アンケートを取ってランキングにしてみましたよ!

▼関連記事
雨の日に聴きたい曲といえば?

「ジューンブライド」の根拠は?

「ジューンブライドって、梅雨で儲からない結婚式ビジネスの人が流したデマでしょ?」そんな噂を聞いたことがありますが、「ジューンブライド」はもともと梅雨がないヨーロッパの言い伝え。ちゃんと根拠があるのです。

ギリシャ神話に登場する、結婚や出産をつかさどる女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月であるから、という説が濃厚です。

他にも、かつてヨーロッパでは農作業の妨げになることから3~5月の間の結婚が禁止されており、結婚が解禁されるのが6月だったため、という説もあります。


【最新ランキング】自分の結婚式で流したいウェディングソングは?【おすすめ】BEST3!

それでは、「自分の結婚式で流したいウェディングソング」BEST3を見ていきましょう!

第1位:糸/中島みゆき

第1位は中島みゆきさん「糸」でした!

「糸」は1992年に発表された中島さんのアルバム「EAST ASIA」に収録された楽曲で、知人の結婚を祝って作られたのだそう。発表されてから20年以上の月日が流れているにもかかわらず、現在もカラオケなどでよく歌われる人気の曲です。老若男女楽しめるので、いろいろな人が集まる結婚式にはもってこいの楽曲です。

数え切れないほど多くのアーティストにカバーされています。また、2020年には「糸」をイメージした映画が公開される予定だとか。どんな物語になるのか楽しみですね。

第2位:愛をこめて花束を/Superfly

第2位はSuperflyさん「愛をこめて花束を」でした!

女性から男性に花束を贈るときの気持ちを歌った楽曲。やさしい歌詞がSuperflyさんのまっすぐで力強い歌声に乗って、胸に突き刺さります。結婚式の余興などで歌われることも多いようですね。

第3位:トリセツ/西野カナ

第3位は西野カナさんの「トリセツ」でした。

現代版『関白宣言』ともいうべき、女の子の願いが詰まった楽曲。ほんわかとした曲調に、西野さんのキュートな歌声が乗ります。ちょっとだけわがままな歌詞の内容に、参列者もキュンとしてしまうこと間違いなしの楽曲です。

【最新ランキング】King’s Pick up !!【結婚式おすすめソング】

惜しくもランキング上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upするウェディングソングはコチラ!

サニーサイドメロディー/EGO WRAPPIN

「サニーサイドメロディー」はゆったりとしたテンポ感の、やさしいやさしいラブソング。ボーカルの中野良恵さんの愛情いっぱいの歌に、心揺さぶられます。今流行りのアウトドアウェディングなどと相性がよさそうです。

一生の一度のことだもの。

Wedding

結婚式は、一生の一度のイベントです。せっかくの一大イベント。ウェディングソングにもしっかりこだわって、大切な思い出にしたいものですね。

今回のランキングが、あなたのウェディングソング決めの参考になれば幸いです。素敵な結婚式になりますように!

▼関連記事
雨の日に聴きたい曲といえば?

集計期間:2019/5/23~2019/6/6

すべてのランキング結果を見る

この記事のタグ

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ