2019.08.17

グルメ

夏まっさかり!あなたが夏の風物詩だと思う食べ物は?【グルメランキング】

みなさんこんにちは!王様のランキングです。

8月も中盤に差し掛かり、気温もピークに達していますが、暑いと食欲ってなかなか出ないですよね。

そんな暑い夏にぴったりな、さっぱりとして食べやすい食べ物がいくつかあります。その中でも、あなたが「夏の風物詩だ」と感じるものはどれですか?アンケートを取ってランキングにしてみました。

関連記事|料理を作るときによく使うレシピサービスランキング

夏に不足しがちな栄養素


Amazonで見てみる

夏は疲れやすい季節。その疲れの原因の一つとして、代謝に必要なビタミンB群の不足があります。

汗とともに体内の塩分が失われると、消化液の分泌が少なくなり消化能力が低下、食欲がなくなります。そこで手っ取り早くエネルギーを摂取しようと糖分ばかり摂り過ぎると、ビタミンB群が不足して代謝が下がり、逆にエネルギー不足(=夏バテ)になってしまうのです。

ビタミンB群はレバーうなぎ豚肉納豆などの食品から摂取できるので、夏バテがつらい人は意識的に食事に取り入れてみましょう。


「夏まっさかり!あなたが夏の風物詩だと思う食べ物は?」ランキングBEST3!

それでは、「夏まっさかり!あなたが夏の風物詩だと思う食べ物は?」ランキング上位3つをチェックしていきましょう!

第1位:スイカ【夏の風物詩ランキング】


Amazonで見てみる

第1位は、「スイカ」でした!

スイカはウリ科のつる性一年草。原産は熱帯アフリカのサバンナや砂漠地帯。日本には室町時代以降に伝わったと言われています。

果肉や種子に含まれるカリウムは、疲労回復ならび利尿効果があるため、夏バテに効果があるとされています(夏バテは水分の過剰摂取によっても引き起こされます)。味、成分共に夏にぴったりな食品と言えそうです。

第2位:かき氷【夏の風物詩ランキング】


Amazonで見てみる

第2位は、「かき氷」でした!

その歴史は古く、清少納言の『枕草子』にも「削り氷(けずりひ)」として登場します。当時のかき氷は小刀で丹念に削るもので、食べられるのは上流階級の者のみだったと言います。

かき氷を家で作る時は、水を凍らせる前に砂糖を溶かすのがコツ。削った氷がよりさらさらになって、口当たりがよくなりますよ。

関連記事|好きなかき氷のシロップランキング!

第3位:そうめん【夏の風物詩ランキング】


Amazonで見てみる

第3位は「そうめん」でした!

夏の風物詩として有名な「流しそうめん」。竹を割ったものに水とそうめんを流し、それをすくい取って食べるたのしい食べ方ですが、それとは別に「そうめん流し」というものがあるのをご存知ですか?

「そうめん流し」は鹿児島県や宮崎県の一部でよく行われている食べ方で、回転式の装置に水とそうめんをいれ、それをすくい取って食べるというもの。この装置は家庭用もあるので、気になる方はぜひ試してみてください。


Amazonで見てみる

King’s Pick up !!【夏の風物詩ランキング】

惜しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upする夏の風物詩的な食べ物はコチラ!

ゴーヤチャンプルー【夏の風物詩ランキング】


Amazonで見てみる

ゴーヤチャンプルーは沖縄発祥の料理。「チャンプルー」という言葉は「混ぜこぜにしたもの」というような意味で、例えばゴーヤの代わりに麩を使うと「フーチャンプルー」と呼ばれたりします。

ゴーヤの苦み成分はワタの部分にあるといわれ、苦みを抑えるためにワタを丹念に取り除く人も多いのですが、これは誤り。実際は果皮表面の緑色の部分に集中しているので、苦みを抑えたい場合はよく塩もみをした方が効果的かもしれません。

バランスよく食べて、夏バテを防ごう

夏の風物詩と言える食べ物はたくさんありますが、そればかり食べていると栄養が偏り、夏バテを引き起こしてしまいます。

そうならないためにも、しっかりバランスよく食べましょう。今は色々なレシピサービスがあるので、それを参考にさっぱり食べやすくアレンジするのも手ですよ!

関連記事|料理を作るときによく使うレシピサービスランキング

投票期間:2019-08-05 12:00∼2019-08-14 12:00

すべてのランキング結果を見る

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ