2019.04.06

社会

【新元号までもうすぐ】「令和」の発表はなにで見てた?

こんにちは!王様のランキングです!

本日のランキングは「【新元号までもうすぐ】「令和」の発表はなにで見てた?」です。

新元号発表の様子はさまざまな形で配信されていましたが、世紀の瞬間をどこでどんな風に見届けましたか?

さっそくランキング結果を見ていきましょう♪

「令和」は万葉集の一節から


出典:Amazon

いよいよ平成も終わり、5月1日から新しい時代が始まります。今回、発表された新元号は「令和(れいわ)」

万葉集の一節、「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という一節からとられたものだそうです。

書店、ネットストアでは万葉集が売り切れ続出で、重版が決定した。なんてニュースも見かけますね。


「令和」発表の瞬間をなにで見てた?BEST3をCheck!

第1位:テレビ

テレビがダントツの1位でした。

昨今若者のテレビ離れが騒がれていますが、やはりまだまだ強いテレビの力!

家族や恋人、友人同士で集まってみんなでワイワイ盛り上がった様子が目に浮かびます。

第2位:インスタライブ

 

View this post on Instagram

 

首相官邸さん(@kantei)がシェアした投稿

今の世の中を語るには、切っても切り離せないSNS「Instagram(インスタグラム)」。

首相官邸の公式アカウントからインスタライブでの生配信で視聴した方も多かったようです。(筆者もインスタライブで視聴しました!)

この配信機能はモデルやタレントなどがよく活用しており、若者の間でも話題になっていました♪それを官邸の公式アカウントが使ったところがまた、新時代っぽいですよね。

第3位:YouTube

動画視聴、配信サービスとして不動の地位を築く「YouTube」

YouTube Liveでも今回発表の瞬間が配信されていました。

気象情報やニュース、スポーツなど幅広い生配信が楽しめるのも魅力の1つ。YouTubeの楽しみ方がどんどん広がりそうです。

King’s Pick up !!

奇しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upするのはコチラ!

Twitter

140文字で気軽に呟けるTwitterは、『情報の早さ』『拡散力の強さ』が魅力的なSNSです。

今回も新元号「令和」の発表後には様々なツイートで盛り上がり、トレンド入りもしていました。

今や、政治ニュースもTwitterで見る時代。これからもTwitterは私たちの情報源の1つとしてあり続けそうですね。

令和まであと少し…。

平成も残り1か月を切りました!皆さまが悔いなく「令和」を迎えられますように…。

集計期間:2019/4/4 15:00~2019/4/5 10:00

すべてのランキング結果を見る

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ