睡眠において譲れないポイントランキング

本日のランキングは「睡眠において譲れないポイントランキング!」です!

日本人の5人に1人が不眠症といわれている現代。より良い睡眠を取れるよう寝る前こだわっていること、誰にでもありますよね。

今回はそんな睡眠において譲れないポイントについてアンケートを取ってランキングにしてみました。

関連ランキング|不動産選びの際に、譲れないポイントランキング

「睡眠において譲れないポイントランキング!」ランキングの結果は…?

それでは、「睡眠において譲れないポイントランキング!」のランキングをcheckしていきましょう!

「睡眠において譲れないポイントランキング」のすべての結果を見る

第1位:部屋の明るさ

第1位は「部屋の明るさ」でした!

寝る前の部屋の明るさは快適な寝室づくりに必要不可欠です。人間は光を浴びると脳が活性化されるため、寝室が明るすぎるとなかなか寝付けませんし睡眠も浅くなってしまいます。


Amazonで見てみる

真っ暗な部屋は少し苦手という方、蛍光灯の明かりはメラトニンという睡眠ホルモンを抑制してしまうので、暖色系の間接照明がおすすめです。その中でもキャンドルの明かりなど揺れる光は、人にいやしを与えリラックス効果をもたらしてくれるんだとか。

温かく優しい明かりでより良い睡眠に導いてくれることでしょう。

第2位:睡眠時間(長さ)

第2位は「睡眠時間(長さ)」でした!

健康や美容に多く関わっている睡眠時間。日本人の平均睡眠時間は欧米諸国に比べて少ない傾向にあり、女性は男性よりも睡眠時間が短いそうです。


Amazonで見てみる

一日の平均睡眠時間は7〜8時間程度が理想と言われていますが、何かと忙しい現代、毎日同じ時間に就寝とはなかなかいかないものですよね。

寝る前に体を温めるとより早く入眠ができ翌日体も軽くなります。疲れているときこそ数分のストレッチをして睡眠の質を高めてみてください!

第3位:枕の高さ

第3位は「枕の高さ」でした!

枕は上質な睡眠をとるために欠かせないアイテムです。自分に合っていない枕を使っていると、快適な睡眠と取るどころか、頭痛や肩こりなどの症状も起きやすくなり健康的にもあまりよくありません。


Amazonで見てみる

首は緩やかなS字を描いていますが、最近は長時間のデスクワークやスマホの見過ぎなどでストレートネックになっている方も多くなってきています。

バスタオルを丸めて首枕にすると就寝中自然なS字をキープでき、むくみや疲れも解消されるそう。ぜひ試してみてください!

King’s Pick up !!

惜しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upする睡眠において譲れないポイントはコチラ!

湿度

寒くなるこの時期からは特に注意してほしいのが湿度です。冬になると気温とともに湿度も低下するので、喉や鼻、肌も乾燥し体調も崩してしまうケースも。


Amazonで見てみる

室内の湿度は40%~60%程が好ましいとされています。寝室にバスタオルを干すだけでも乾燥対策ができ、加湿器があれば適切な湿度を保てますね。

今はいろいろなタイプの加湿器があるので、自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

こだわるポイントは人それぞれ

毎日健康で笑顔に過ごすために譲れない睡眠のポイントは人それぞれありますよね。短時間で質のいい睡眠をとることは、忙しい現代に生きるわたしたちの一つの課題なのかもしれません。

このランキングを見てくださっているみなさまが、今日も心地いい眠りにつけますように。

第1位 部屋の明るさ
第2位 睡眠時間(長さ)
第3位 枕の高さ
第4位 無音
第5位 音楽を聞きながら眠る
第6位 枕の材質
第7位 湿度
第8位 眠る時間帯
第9位 ベッドの大きさ
第10位 布団の重さ
第11位 ベッドの硬さ
第12位 パジャマ

関連ランキング|不動産選びの際に、譲れないポイントランキング

有効回答数:316票
集計期間: 2019/10/30~2109/11/20 
集計方法:王様のランキング編集部にて独自の設問を作成し、王様のランキングのサイト内にてアンケートを行いその結果を集計しました。

すべてのランキング結果を見る

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ