2019.07.14

エンタメ

恋人が読んでいたら惚れ直す、芥川賞を受賞した小説と言えば?【オススメ小説ランキング】

みなさんこんにちは!王様のランキングです。

本日のランキングは、恋人が読んでいたら惚れ直す、芥川賞を受賞した小説と言えば?【オススメ小説ランキング】です!

普段は冗談を言って笑い合っている恋人が難しそうな小説を読んでいたら、知的な一面にどきっとしませんか?今日はそんなときに惚れ直す小説はどれか、芥川賞を受賞した小説に絞ってピックアップしてみましたよ!

「芥川賞(あくたがわしょう)」とは?【オススメ小説ランキング】

Book-ranking

そもそも「芥川賞」って何なのでしょうか?

正式名称は「芥川龍之介賞」。巨匠・芥川龍之介の業績を記念し、1935年に創設されました。「無名あるいは新人作家」による優れた純文学が選出されます。

同じ年に創設された「直木賞」との違いは、純文学か大衆文学かにあります。純文学の定義は、「娯楽性」を重視した大衆文学に対し「芸術性」を重視している小説であること。近年はそのボーダーが曖昧になってきているものの、より知的なイメージを持たせるのは「芥川賞」の方かもしれません。


恋人が読んでいたら惚れ直す、芥川賞を受賞した小説と言えば?【オススメ小説ランキング】BEST3!

それでは恋人が読んでいたら惚れ直す、芥川賞を受賞した小説と言えば?【オススメ小説ランキング】BEST3をチェックしていきましょう。

第1位:村上龍『限りなく透明に近いブルー』【オススメ小説ランキング】


Amazonを見てみる

恋人が読んでいたら惚れ直す、芥川賞を受賞した小説と言えば?【オススメ小説ランキング】第1位は、村上龍さんの「限りなく透明に近いブルー」でした。

村上龍さんのデビュー作であり代表作となったこの小説は、東京・福生市を舞台にドラッグやセックスに溺れる若者たちの退廃的な日々を描いた作品。テーマは「喪失感」であると、村上さんは語っています。

詩的な表現や前例のない文章表現で当時の文芸界に衝撃を与え、選考の際も賛否が激しく分かれましたが、多数決によりこの小説の受賞が決定しました。

第2位:又吉直樹『火花』【オススメ小説ランキング】


Amazonで見てみる

恋人が読んでいたら惚れ直す、芥川賞を受賞した小説と言えば?【オススメ小説ランキング】第2位は、又吉直樹さんの「火花」でした。

お笑いタレントが書いた小説が芥川賞受賞ということで世間をにぎわせ、2015年8月時点で単行本の累計売上発行部数は239万部を突破。この記録は「限りなく透明に近いブルー」の芥川賞受賞作品最高発行部数を上回り、歴代1位となりました。

また、2017年には映画化もされこちらも話題になりました。

その後もNetflixでドラマ化されるなど、その人気はとどまるところを知りません。

文才だけでなく、サッカーの才能もIH出場経験があるほどの又吉さん。賞金の100万円は母校のサッカー部にユニフォームを製作するのに使われたそうですよ。

第3位:村田沙耶香『コンビニ人間』【オススメ小説ランキング】


Amazonで見てみる

恋人が読んでいたら惚れ直す、芥川賞を受賞した小説と言えば?【オススメ小説ランキング】第3位は、村田紗耶香さんの「コンビニ人間」でした。

作者の村田さんは三島由紀夫賞など数々の文学賞を受賞しながらも週3回はコンビニで働いていた、という一風変わった経歴の持ち主。その経験をもとにこの小説が生まれたのだそうです。

選考委員のひとりである山田詠美さんが「十年以上選考委員を務めてきて、候補作を読んで笑ったのは初めてだった」と評価したように、本作は芥川賞受賞作品にしては珍しく「笑える小説」なんだとか。純文学初心者の方にオススメしたい作品かもしれません。

King’s Pick up !!【オススメ小説ランキング】

惜しくもランキング上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upする芥川賞受賞作品はコチラ!

綿矢りさ『蹴りたい背中』


Amazonで見てみる

蹴りたい背中」は綿矢さんが大学在学中に執筆され、2003年の芥川賞を受賞しました。受賞時の綿矢さんは19歳で、最年少受賞記録を更新。その記録は今もなお破られていません。

周囲に溶け込めない高校生の男女の交流を描いた青春小説で、大多数の選考員に指示され受賞となりました。

書き出しの、

- さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。

という一文の切なさ・美しさには思わず息を飲みます。綿矢さんの繊細な感性がうかがえます。

時にはギャップで惚れ直させてみる?

難しいイメージのある芥川賞を受賞した小説ですが、ご紹介した作品からもわかる通り、近年では読みやすいものも増えているようです。

時には恋人の前でおもむろに開いて、「ギャップ萌え」させてもいいかもしれません。ただし、内容を聞かれてしどろもどろにならないよう、集中して読んでくださいね。

集計期間:2019/6/9 12:00~2019/7/11 0:00

すべてのランキング結果を見る

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ