2019.05.01

音楽

国歌独唱が上手だった有名人ランキング

みなさんこんにちは!王様のランキングです!

今回のランキングは「国歌独唱が上手だった有名人は?」です。

サッカーや野球、ボクシングなどのスポーツの開会式で行われる国歌独唱。数々のアーティストが国家を歌ってきましたが、その中でも特に人々の心をうつ歌唱をしたのはいったい誰なのでしょうか?

日本の国歌「君が代」

「君が代」が日本の国歌と正式に制定されたのは、1999年と以外にも最近。また、世界で最も短い国歌なんだそう。

万葉集の「読み人知らず」の詩に旋律をつけて作られた君が代ですが、詩中の「さざれ石」とは小さな石の粒のこと。これに塵が積もって大岩になり、さらにそれに苔が生えるくらいあなたが長寿でありますように、という意味が込められています。

新しく生まれた命を慈しむ、やさしい歌。それが我が国の国歌なのです。

「国歌独唱が上手だった有名人は?」BEST3!

それでは、国民が選ぶ「国歌独唱が上手だった有名人」のランキングをcheckしていきましょう!

第1位:大黒摩季

第1位は大黒摩季さんでした!

代表曲は「ら・ら・ら」など。芯の強いハイトーンボイスが持ち味の、女性シンガーソングライターです。

これまで幾度も国歌独唱を担当されていますが、国歌を歌われるときはいつもよりもやさしく、繊細な歌声になっています。

第2位:GACKT

第2位はGACKT(ガクト)さんでした!

甘美かつパワフルな歌声が特徴のシンガーGACKTさんも、国歌を担当されたことがあります。

ビブラートを効かせた伸びのある声で、選手たちの闘志も燃え上がったことでしょう。

第3位:小柳ゆき

第3位は小柳ゆきさんでした。

 

View this post on Instagram

 

小柳ゆきさん(@yuki_koyanagi)がシェアした投稿

代表曲は「あなたのキスを数えましょう」。日本人離れした声量と表現力で一躍スターとなった彼女。もちろん国家独唱も何度も担当されています。

時代ごとに歌い方ががらりと変わっていて、彼女の内面の変化などが伺い知れます。ぜひcheckしてみてくださいね!

King’s Pick up !!

奇しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upするのはコチラ!

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

昔話をモチーフにしたユニークな歌詞が注目されている「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイさんも、2018年埼玉スタジアムで行われたサッカー・ルヴァンカップ決勝にて国歌を歌われています。

コムアイさんのエキゾチックな歌声が国歌と絶妙にマッチしており、とても心穏やかな気持ちになります。着物姿もとても美しかったですよ!

スポーツ観戦の楽しみの1つかもしれませんね

様々な実力はアーティストの歌う国歌、それを聞くこともスポーツ観戦の醍醐味の1つです。

それぞれ違う雰囲気の国歌が聴けて楽しいですよ!ぜひぜひcheckしてみてください。

集計期間:2019/3/26 12:00~2019/4/14 10:00

すべてのランキング結果を見る

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ