2019.07.24

生活 趣味

お得に料理に彩りを!育ててみたいハーブランキング【趣味ランキング】

みなさんこんにちは!王様のランキングです。

本日のランキングは「育ててみたいハーブ」ランキングです。

来たる8月2日は「ハーブ(82)の日」!ということで、みなさんが育てたいなと思っているハーブはどのハーブなのか、アンケートを取ってランキングにしてみました。

【令和 has come】あなたが令和に始めたいことは?

ハーブティは健康維持や風邪予防に最適

ハーブティとはハーブを乾燥させ、煮だしたもの。ハーブの様々な恩恵を手軽に受けられると、近年では普遍的に親しまれています。

たとえばローズヒップティはビタミンCを大量に補給できるので、美容によいと人気です。ビタミンCが不足しがちな喫煙者にもおすすめだとか。

カモミールやラベンダーには鎮静効果があり、不眠症などの神経症に効果があるといわれています。

もし体の不調にお困りの場合は、ハーブが意外な効果を発揮するかもしれません。ただし、医薬品と同時に摂取すると副作用が生じる場合もあるので、注意してくださいね。


お得に料理に彩りを!育ててみたいハーブランキング【趣味ランキング】BEST3!

それでは「育ててみたいハーブランキング」BEST3をチェックしていきましょう!

第1位:ローズマリー【趣味ランキング】


Amazonで見てみる

「育ててみたいハーブランキング」第1位は「ローズマリー」でした。

和名は「迷迭香(マンネンコウ)」。葉だけでなく、花も食用できます。ヨーロッパでは、教会や人々を悪魔から守る神秘的な力を持つといわれています。

古代から薬用に用いられ、中世西洋で大流行したペスト除けにも使われたのだとか。甘い芳香と爽やかなほろ苦さを持ち、現在は主に香辛料として用いられています。育てる際は、根腐れを起こしやすいため水は与えすぎないのがよいそうです。

第2位:バジル【趣味ランキング】


Amazonで見てみる

「育ててみたいハーブランキング」第2位は「バジル」でした。

和名は「目箒(メボウキ)」。イタリア料理によく使われているイメージが強いですが、インド、熱帯アジア原産のハーブです。

イタリア料理で使うハーブは「スイートバジル」が一般的。それに対して日本で人気のタイ料理「ガパオライス」で使うのは「ホーリーバジル(通称タイバジル)」と呼ばれるバジル。他にも「レモンバジル」や「シナモンバジル」など様々な種類があるそうです。

第3位:ミント【趣味ランキング】


Amazonで見てみる

「育ててみたいハーブランキング」第3位は「ミント」でした。

和名は「薄荷(ハッカ)」。清涼感を与えるメントールを葉に含むため、様々な料理やカクテル、菓子などに使われます。また料理だけではなく歯磨き粉や虫除けなどにも使われたりと、わたしたちにとってもっともなじみ深いハーブの一つですね。

繁殖力が旺盛なため、地植えしてしまうとあっという間に広がり雑草となってしまう場合もあります。育てる際はくれぐれも慎重に。

King’s Pick up !!【趣味ランキング】

惜しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upするハーブはコチラ!

ラベンダー【趣味ランキング】


Amazonで見てみる

ラベンダーも古来から親しまれてきたハーブの一種。日本にやってきたのは幕末期といわれており、精油が輸入されたり、栽培もおこなわれたと考えられています。

現在日本で特に有名なのは、北海道富良野地方のラベンダー畑です。このラベンダー畑は世界的に有名で、観光名所として毎年多くの人々が訪れています。

趣味と実益を兼ねたハーブ栽培

動物と同じように、植物を育てることも意外に楽しいものです。芽が伸びて来たり、葉を生やしたりするのを日々見守っていれば、自然と愛着がわいてくるはず。そしてそれを料理に使えば家計も節約できますよね。

気になったは方ぜひ今回のランキングを参考に、ハーブ栽培をはじめてみてください。

【令和 has come】あなたが令和に始めたいことは?

2019-07-17 12:00~2019-07-22 18:30

すべてのランキング結果を見る

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ