2019.08.14

グルメ

懐かしの駄菓子、子供の頃よく食べたのは?【駄菓子ランキング】

みなさんこんにちは!王様のランキングです。

先日、全英女子オープンで優勝した「渋野 日向子選手」。ラウンド中に何度も駄菓子の「タラタラしてんじゃね~よ」を食べている姿が映し出され話題になりましたよね。

今回は、そんな駄菓子にまつわるランキング、『懐かしの駄菓子、子供の頃よく食べたのは?』をご紹介します。

関連記事|社会現象になったお菓子やスイーツで、一番好きなのは?ランキング

駄菓子屋を見かけなくなってしまった最近

dagashiya

時代も令和に突入し、コンビニエンスストアやスーパーなどいつでもどこでもものが手に入る時代。

駄菓子もコンビニなどで買うこと増え、1970年代~2000年頭にかけて、よく目にしていた『駄菓子屋』もだいぶ減ってしまいました。駄菓子は安価な値段で購入できる分、お店としては利益が少なく経営が難しいという実態もあるようです。

1972年には14万軒あった駄菓子屋さんは2007年には2万5000軒前後と30%まで減少してしまっているのだとか。


「懐かしの駄菓子、子供の頃よく食べたのは?」ランキングBEST3!

それでは「懐かしの駄菓子、子供の頃よく食べたのは?」ランキングを見ていきましょう!

第1位:タラタラしてんじゃね~よ【駄菓子ランキング】


Amazonで見てみる

第1位は「タラタラしてんじゃね~よ」でした!

前述した通り、渋野 日向子選手が食べていたことで現在一躍、時の駄菓子となっているこちらの駄菓子。製造メーカーのよっちゃん食品工業には多数の問い合わせが届いているのだとか。

小さい頃によく食べていた方は、渋野選手が食べているのを見て「懐かしい!」と感じたのでは?

第2位:蒲焼さん太郎【駄菓子ランキング】


Amazonで見てみる

第2位は、蒲焼さん太郎でした。

パリッと少し固めの食感に甘じょっぱい味付けのこちらの駄菓子はスケトウダラのすり身が原材料となっており、濃いめの味付けが人気です。

大人になってからもその味が忘れられず、大人買いをする方も多いんだとか。

第3位:チョコバット【駄菓子ランキング】


Amazonで見てみる

第3位はチョコバットでした。

三立製菓が1964年(昭和39年)に販売したロングセラー商品のこちらの駄菓子、パン生地にチョコレートをコーティングした食べやすいスティックタイプの駄菓子です。

また、当たりつきのこちらの駄菓子。ホームラン1枚またはヒット4枚でもう1本もらえるというシステムも子供の頃多くの人に親しまれた理由かもしれないですね。

King’s Pick up !!【駄菓子ランキング】

惜しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upする、駄菓子はコチラ!

ブタメン【駄菓子ランキング】


Amazonで見てみる

ブタメンは株式会社おやつカンパニーが1978年に販売を開始した人気の駄菓子です。

期間限定や地域限定も含め、10種類以上もの味が過去には販売されており、皆さんそれぞれに思い出のブタメンがあるのではないでしょうか。

懐かしい駄菓子に再会してみては

今ではコンビニにも一部駄菓子コーナーを設けるお店も増えましたよね。ショッピングモールの中には駄菓子専門店を見かける機会もあります。

懐かしの駄菓子を選ぶ姿は、子供も大人も同じく楽しんでいるように見えます。

大人になって手に入れられるものが増えた今だからこそ、童心に帰って駄菓子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事|社会現象になったお菓子やスイーツで、一番好きなのは?ランキング

集計期間:2019-08-06 20:30∼2019-08-11 00:00

すべてのランキング結果を見る

この記事のタグ

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ