2019.04.11

映画

【公開直前】名探偵コナンの映画で一番の名作は?

こんにちは!王様のランキングです!

本日のランキングは「【公開直前】名探偵コナンの映画で一番の名作は?」です。

テレビシリーズも大人気の名探偵コナンの映画シリーズ。過去22作品の中から頂点に輝くのはどの作品なのでしょうか!

『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が2019年4月12日にいよいよ公開!

今回の舞台はなんとシンガポール!また、コナンシリーズの中でも人気の高いキャラクター『怪盗キッド』が登場するとあり、コナンファンの筆者も大興奮しています。

名探偵コナンの映画で一番の名作は?BEST3をCheck!

第1位:14番目の標的(ターゲット)(1998)


出典:Amazon

劇場作品2作目の14番目の標的(ターゲット)が堂々の1位でした!

ストーリーや事件の内容も素晴らしいのですが、筆者的ポイントは『毛利小五郎』、『妃英理』夫妻の別居の理由が明かされるシーンは必見です。(夫婦の絆の強さに涙)

第2位:ゼロの執行人(2018)


出典:Amazon

2位は去年の劇場作品ゼロの執行人

人気キャラクター『安室透』が劇場版では初めてフューチャーされ、歴代最高興行収入を記録した話題作でした。

とにかくド派手なアクションシーン、緻密なストーリーなど過去作の中でも圧倒的に大人が楽しめる作品だったのではないかなと思います。

第3位:時計じかけの摩天楼(1997)


出典:Amazon
3位は劇場作品第一弾の時計じかけの摩天楼でした。

連続爆破事件に巻き込まれてしまう毛利蘭。絶体絶命な状況の中での蘭ちゃんと新一のお互いを思いやる気持ちの深さに、クライマックスのシーンでは感動間違いなし!!

King’s Pick up !!

奇しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upするのはコチラ!

瞳の中の暗殺者(2000)


出典:Amazon

2000年に公開された本作品。ヒロインの毛利蘭が記憶喪失になってしまうというなかなかショッキングな内容なんですが、献身的に介護をする小五郎と英理、信じ続ける親友の園子、必死に蘭を守るコナン(新一)など様々な登場人物の気持ちが交錯するとても見ごたえのある作品です。

また、クライマックスでは蘭ちゃんの空手の実力がとてつもないものであることがわかりますのでコチラも必見です!笑

ランキングの詳細とまとめ

今回のランキング結果の詳細はこちらです。

順位 票数
1位 14番目の標的(ターゲット)(1998) 35
2位 ゼロの執行人(2018) 27
3位 時計じかけの摩天楼(1997) 23
4位 ベイカー街の亡霊(2002) 22
5位 瞳の中の暗殺者(2000) 21
6位 から紅の恋歌(2017) 17
7位 迷宮の十字路(クロスロード)(2003) 16
8位 世紀末の魔術師(1999) 14
9位 業火の向日葵(2015) 12
10位 戦慄の楽譜(フルスコア)(2008)、異次元の狙撃手(スナイパー)(2014)、純黒の悪夢(ナイトメア)(2016) 10
13位 天国へのカウントダウン(2001) 9
14位 沈黙の15分(クオーター)(2011) 8
15位 紺碧の棺(ジョリーロジャー)(2007)、漆黒の追跡者(チェイサー)(2009)、天空の難破船(ロストシップ)(2010)、11人目のストライカー(2012) 7
19位 水平線上の陰謀(ストラテジー)、探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006) 6
21位 銀翼の奇術師(マジシャン)(2004)、絶海の探偵(プライベート・アイ)(2013) 5

コナン映画はエンドロールが終わるまでが作品!

ここからは余談ですが、4月12日から始まる『紺青の拳(フィスト)』を映画館で見るというあなた、本編が終わってエンドロールが流れたからと言って映画館を足早に立ち去ってはいけません!

コナンの劇場作品はエンドロール後におまけ映像として、作品中のストーリーのその後などが描かれます。ここまで見てこそのコナン作品なので必見です。

また、上記おまけ映像の後には、翌年の映画作品のフィーチャーキャラクターのヒントが出ますのでこちらも必見!(昨年はここで怪盗キッドのシルエットが出て館内がざわついたのを覚えています笑)

迫力満点のコナン映画、ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね♪

投票数合計:284票
集計期間:2019/3/29 12:00~2019/4/9 12:00


いまならコナン劇場版作品が見放題♪

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ