2019.07.27

音楽

合唱でよく歌われるJ-POPで、好きな曲は?【J-POPランキング】

みなさんこんにちは!王様のランキングです!

本日のランキングは合唱で「よく歌われるJ-POPで、好きな曲は?」ランキングです!

最近はNHK全国学校音楽コンクールの課題曲にJ-POPアーティストの作品が起用されたりと、J-POPと合唱曲の境がなくなりつつあります。よく合唱でも歌われるJ-POPで、あなたが好きな曲はありますか?アンケートを取って、ランキングにしてみました!

ラップ入り!?第86回Nコン課題曲【J-POPランキング】

「Nコン」ことNHK全国学校音楽コンクールは毎年課題曲が変わりますが、平成後期に入るとJ-POPアーティストが作詞・作曲を手掛けることが増えていきます。アンジェラ・アキさんの「手紙」やいきものがかりの「YELL」などはヒットチャートでも人気となり、Nコンの存在を広く知らしめることとなりました。

今年開催される第86回Nコン・高等学校の部の課題曲「僕が僕を見ている」には、なんとラップが登場します。さらには笑い声のパートも存在します。けれど公式のお手本を聴くと、しっかり合唱になっているのが不思議です。合唱の可能性の幅がまたひとつ広がりました。


合唱でよく歌われるJ-POPで、好きな曲は?【J-POPランキング】BEST3!

それでは、合唱でよく歌われるJ-POPで人気なのはどんな作品なのか、チェックしていきましょう!

第1位:あの素晴らしい愛をもう一度/加藤和彦・北山修【J-POPランキング】


Amazonで見てみる

好きな合唱曲になったJ-POPランキング、第1位は加藤和彦さん・北山修さんの「あの素晴らしい愛をもう一度」でした。

1971年にレコードが発売されたこの曲は、ザ・フォーク・クルセイダーズ(「悲しくてやりきれない」などが有名)のメンバー加藤さん、北山さんによって合計制作日数2日で作られました。

フォークソングとしてリリースされたこの作品はヒットし、その後数々のアーティストによってカバーされました。中学校の音楽の教科書にも載り、やがて合唱曲の定番となっていきました。

第2位:翼をください/赤い鳥【J-POPランキング】


Amazonで見てみる

好きな合唱曲になったJ-POPランキング、第2位はフォークグループ・赤い鳥の「翼をください」でした。

平成生まれの方にとってはむしろ合唱曲としてのイメージが強いかもしれませんが、もともとこの曲は1971年に発表されたJ-POP。ポピュラー音楽コンテストに出品するための作品として作られました。

合唱曲として歌われるようになったのはやはり、音楽の教科書に掲載されてから。今では老若男女が歌える日本の愛唱歌となっています。

第3位:心の瞳/坂本九【J-POPランキング】


Amazonで見てみる

好きな合唱曲になったJ-POPランキング、第3位は坂本九さんの「心の瞳」でした。

坂本九さんといえば「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星」などの大ヒット曲で世界的に有名アーティストですが、「心の瞳」も彼が1985年にリリースした楽曲の一つ。坂本さんは同年飛行機事故に巻き込まれ逝去されたため、これが彼の遺作となりました。

この曲は長年連れ添った夫婦や家族の絆について歌った愛の歌であると坂本さんの夫人、柏木さんは語っておられます。この曲を家に持ち帰ったとき、坂本さんは柏木さんに「僕たちことを歌ったような曲だよ!」ととてもうれしそうに聞かせたとのことです。

King’s Pick up !!【J-POPランキング】

惜しくも上位にはランクインできなかったものの、王様のランキング編集部がオススメしたいものを紹介するこのコーナー。

今回、編集部がPick upする、合唱でよく歌われるJ-POPはコチラ!

未来へ/Kiroro【J-POPランキング】


Amazonで見てみる

「未来へ」は女性デュオ、Kiroroが1998年に発表した曲。ボーカルの玉城千春さんが、ある日突然倒れた母に「歌を送りたい」と制作したのがこの曲でした。

この曲は日本で大ヒットを果たし、Kiroroは一躍有名ミュージシャンに。音楽の教科書にも取り上げられ、合唱曲(主に卒業式にうたう歌)として今も人気の高い曲です。

ちなみにこの曲は日本国外でも人気を博しています。マレーシアでは現地のチャートで1位をかくとくしたこともあり、「マレーシアで一番有名な日本の曲」と言われています。

ジャンルで可能性を狭めないで【J-POPランキング】

「J-POPだからこうあらねばならない」「合唱曲だからこうあらねばならない」

このような考え方は時に創作の幅を狭めてしまうこともあります。

芸術は人を感動させたり、自分の気持ちを伝えたりする手段です。枠にとらわれていては、それもなかなか叶いません。今年のNコンの課題曲のように、表現の可能性が広がっていくとよいですね。

2019-07-17 12:00~2019-07-23 10:00

すべてのランキング結果を見る

結果をSNSでシェアしよう!

こちらの記事もおすすめ